ガーデニング用品の中の「苗」の選び方について

苗の選び方

黄色い花 いい苗選びが花づくりの八割を決めるといっても過言ではありません!
生育の思わしくない苗や、徒長した苗を購入すると、どんなに大切に育てても、いい花が咲かないので注意しましょう。
苗選びはくれぐれも慎重にしたいところです。
いい苗の選び方のポイントをチェックしていい苗を選んでガーデニングを楽しみましょー!

こういうガーデニング用品も大切に選ばないといけないので、よく見ておいてくださいね♪

苗選びのポイント


葉の数が多くて、下葉までついたものがよい苗です!

更に言うと、葉の色つやがよくて下葉が黄ばんでいないものがいい苗です。
苗を選ぶのについ大きな株を買いたくなってしまいますが、購入後、下葉が落ちたり、茎が倒れたりすることがありますから避けるようにしましょう。
いい苗の選び方のポイントは、見かけは小さくても、茎が太く株張りのよいものが理想的です♪
見かけがいい苗でも、株がぐらつくものは根がしっかりと張ってないので避けましょう。
ぐらくらしないものがいい苗です。
葉裏にハダニやアブラムシなどがいないか、また、葉に妙な斑点があったり、葉の縁萎縮している苗は、病気に侵されている可能性が高いと思います。
苗ポットの中も点検しナメクジやダンゴムシなどがいないかどうか確かめましょう!

ガーデニング用品にはこういった苗も含まれますので、選ぶ時にはいろんな情報を取り入れて決めていくようにしていきましょう。
ちなみに花苗の他にも、鉢、土、肥料、鉢底ネット、鉢底石も必要なので、用意しましょう。
鉢は、苗が成長してからの大きさを考え、少し余裕のある大きさのものを選ぶようにしましょう♪
鉢に苗を植える際の土の流出を防ぎ、虫の侵入を防ぐために鉢底ネットを底に敷いておきます。

↑ PAGE TOP