夏に最適な花をガーデニング用品を使って育てよう

夏に強い花の種類

たね 夏の暑さに強い花の種類について紹介していきますね♪
夏に強い花に合うガーデニング用品についても記載していきますので、参考にどうぞ~♪

アメリカンブルー


まずは、青い色がとてもキレイな花の、アメリカンブルーです!

アサガオを小さくしたようなブルーのかわいらしい花を次々と咲かせるアメリカンブルーは、ハンギングバスケットや寄せ植えにとても最適です。
日当たりがよくやや乾燥気味の環境を好む夏の暑さに強い花といえます。
伸びすぎた枝は時々刈り込み、草姿を整えましょう。
ただ寒さには弱いので、冬は暖かい場所で管理します。
アメリカンブルーは長い間楽しめる、比較的育てやすい花です。

アメリカンブルーの水やりは過失は禁物です。
用土の表面が白く十分に乾いてから、水をたっぷりと与えましょう。
水やりはやや乾燥ぎみに管理しておきます。

トレニア


そしてトレニアです!!

トレニアは草丈が低く、自然に枝分かれしてボリュームのある株になり、夏の花壇やコンテナガーデンを紫などの寒色系の配色で楽しむことのできる夏に咲く育てやすいお花です♪
暑さは得意ですが、寒さは苦手です。
表面が乾いたら早めに水やりをして、生育が旺盛なので定期的に追肥を与えましょう。

ペチュニア


初夏から秋にかけて長い間咲く花で、花壇や寄せ植えで素敵に彩りますよ♪

乾燥にも強く育てやすい花なので、初心者の方にもオススメですよ~♪
最近人気のサニファーは新しく改良されたペチュニアで、従来のペチュニアに比べて、雨に当たっても花弁が傷まない優良品種です!

開花時期には、薄めの液肥をこまめに与えるようにしましょう。
夏期は加湿に気をつけて、草姿が乱れたらはやめに切り戻すようにします。
日当たりのいいところに置いて花つきよく育てるようにしましょう~!

↑ PAGE TOP